...Escapism*

日常と非日常の写真集

うりずん

梅雨に入りそうで入らない沖縄。春から梅雨入りまでの季節を沖縄では「うりずん」と呼びます。素敵な言葉。ほどよく暖かくて気持ちよく過ごせる時期、のはずが湿気がむんむんでもはや夏しか感じない。

f:id:escapismphoto:20160512190325j:plain

備瀬のワルミ。大潮の干潮時にちょうどこんなふうに海がちらっと覗き見れます。この日は波が穏やかで、天気にも恵まれて本当に綺麗でした。また来たくなるお気に入りスポットに追加です。

 

f:id:escapismphoto:20160512190346j:plain

宜野湾の漁港。ここには耳の一部をカットされた(去勢済みを意味する)猫たちが住んでいます。漁師さんが余った魚をさばいて餌を与えています。気づいたら餌くれ餌くれとたくさんの猫たちが漁師さんの周りに集合。とっても微笑ましい光景。撮りたくて撮りたくて迷ったけれど、声をかける勇気が出ず...。コミュ障な自分が悔やまれます。

 

f:id:escapismphoto:20160512190427j:plain

にしても漁港に猫ってとっても似合うな。沖縄では捨て猫を多く見かけますが、その分保護活動も積極的に行われている気がします。不幸な猫を増やさず、今生きている猫がなるべく幸せに暮らせるように。は〜、何はともあれかわいい。スリスリしてくる子とかたまりません。将来は家を買うと同時に猫を飼いたいです。

 

おわり。